浴室・お風呂のリフォーム費用相場と工事前の注意点5個

「浴室リフォームの費用をできるだけ抑えたい」
「浴室リフォームで失敗したくない」

そのようにお悩みでは無いでしょうか。

浴室リフォームは既存の浴室の形態によって工事内容や費用も大きく変わる工事です。そのため、工事内容をきちんと確認しないと、費用が高額になってしまう、または工事後にトラブルになってしまうなんてことにもなりかねません。

とはいえ、工事にどのくらいの費用がかかるのか、どう工事内容が変わるのかピンとこない人も多いのではないでしょうか。

そこでこの記事では、浴室・お風呂リフォームでどのくらいの費用がかかるのか、失敗しないためにはどんな点に注意しなければいけないのか具体的に解説します。

浴室・お風呂のリフォーム工事の費用相場

浴室・お風呂のリフォーム費用相場は様々な要素が関係しています。具体的には以下の要素が相場に影響を与えます。

・グレードごとの費用の違い
・リフォーム方法の違い

ではそれぞれの要素でどのように変化するのか、具体的に見ていきましょう。

グレードごとの費用の違い

ユニットバスに変更する工事を行う場合、浴室・お風呂の費用は、グレードで大きく変わります。大まかに分けて3つのグレードがあります。

・ローコストモデル:60万〜80万
・ミドルコストモデル:80万〜110万
・ハイコストモデル:100万〜120万

これらのモデルでどう仕様が変わるかまとめると以下の通りです。

・ローコストモデル:水栓やシャワーも簡易的、浴槽や床の断熱材なし
・ミドルコストモデル:水栓やシャワーはローコストと同様、床や浴槽の断熱材あり
・ハイコストモデル:シャワーや水栓で使い勝手が良いものを採用、床・浴槽の断熱材あり

「メーカーごとに多少内容が違うのでは?」、そう考える人もいるかもしれませんが、メーカーごとでモデルごとで変わるものはほとんど変わりません。

そのため、まずは以上の観点から考えるのが間違いないでしょう。

リフォーム方法の違い

浴室・お風呂のリフォームは、リフォーム方法の違いで費用が変わります。これらの方法によって、工事にかかる費用は大きく変わるんですよ。

・ユニットバスからユニットバスへの工事
・在来浴室からユニットバスへの工事
・在来浴室から在来浴室への工事

ではそれぞれの費用相場や工事の内容について次で見ていきましょう。

ユニットバスからユニットバスへの工事

ユニットバスから、ユニットバスの工事は比較的工事費用を抑えられる方法です。ユニットバスとは、工場で生産された浴室のパーツを組み立てて行う施工方法のこと。組み立て式のため、工事の手間がそれほどかかることはなく、安心して施工できます。

大まかに言えば、以下の工事が行われます。

・既設ユニットバス解体工事
・給排水工事
・電気工事
・ユニットバスの組み立て工事
・入口部分の復旧工事

これらの工事で大きさにもよりますが、工事費用のみで大まかに20万〜30万円ほどかかります。工事の内容としてはシンプルで、作業にかかる手間もそれほど大きくないため、ユニットバスからユニットバスの工事はおすすめです。

在来浴室からユニットバスへの工事

在来浴室からユニットバスへの工事は、工事費用が比較的高額になりやすい工事です。在来浴室とは、現場で防水施工を行い、床や壁を左官工事などで作っていく昔ながらの方法のこと。在来浴室は、現場で直接施工するため部屋の形に合わせ、柔軟に施工することができます。

在来浴室からユニットバスにする場合、既存の浴室を解体する手間が大きく、下地の補修もユニットバスに比べると手間がかかってしまいます。下地にダメージが大きいと、より補修に費用がかかってしまうケースも。

工事費用で大まかに50万円〜70万円ほどかかるのが一般的です。この費用に加えてユニットバス本体の費用もかかるため、100万円を超えてしまうことが多いでしょう。

また、在来浴室からユニットバスにする場合には、これまでより浴室の面積が狭くなってしまうという点には注意しておきましょう。

在来浴室から在来浴室への工事

在来浴室から在来浴室へ工事する方法は、比較的工事費用を抑えやすい方法です。既存の給水や換気扇などがそのまま使えるケースもあり、工事にかかる手間をそれほどかけずに済ませられます。

具体的には以下のような工事が行われます。

・浴槽の取り替え工事
・壁、床のパネル張り

これらの費用で、大まかに50万〜80万円ほどかかります。また、在来浴室の場合、部分交換できるのが特徴です。

ユニットバスからユニットバスの場合には部分交換できないケースもありますが、在来浴室であれば部分交換のみにして費用を抑えられます。自分の予算や希望に合わせて、工事内容を柔軟に調整できます。

浴室・お風呂のリフォームで費用が高くなりがちな例3個

①オプションが多い場合
②グレードが高い場合
③在来浴室からユニットバスへのリフォーム

①オプションが多い場合

浴室・お風呂のリフォームで費用が高額になるのは、オプションが多いケースです。

ユニットバスを採用すると、シャワー水栓や浴室暖房、ミストシャワーなど様々なオプションを付けられます。これらは確かに魅力的ですが、採用することで、コストを上げてしまいます。

ついついあれもこれもと考えてしまいがちですがそんな気持ちをぐっと抑えて、機能を厳選するのがおすすめです。

また最新設備はメンテナンスの手間もかかるため、そのようなマイナス面もしっかりと検討しましょう。

②グレードが高い場合

浴室・お風呂のリフォームで費用が高くなるのは、グレードが高い場合です。ユニットバスはそのグレードによって、価格が大きく違います。大まかにグレードで変わる内容は以下の通りです。

・水栓やシャワーの仕様
・浴槽や床の断熱材
・デザイン性

もっとも安価なものであれば、水栓やシャワーの仕様も最低限、断熱材の施工もなしになります。

これに対して、ハイグレードなものは水栓やシャワーの使い勝手の細部まで洗練されており、浴室の中でも快適です。

そのような機能を求めるかどうかによっても、費用は大幅に変わるでしょう。ただし、断熱材などは浴室の環境に大きな影響を与えますので、安易にグレードを下げるのではなく、そこに価値があるのかまでしっかりと検討しましょう。

③在来浴室からユニットバスへのリフォーム

在来浴室からユニットバスのリフォームでは、費用が高くなりがちになります。なぜなら、解体屋廃材の処分、下地の補修などの工事が関係してきてしまうからです。

在来浴室で工事費用を抑えたいのであれば、浴槽の部分取替えなどを行うことがおすすめです。ユニットバスと異なり、部分工事しやすいため、必要な部分のみ工事を行うと費用を下げられます。

浴室・お風呂のリフォーム費用を安く抑えるコツ3個

「浴室・お風呂のリフォーム費用を抑えるにはどんな方法があるの?」そう気になる人も多いのではないでしょうか。

浴室・お風呂のリフォームでは、ポイントを抑えることで、費用を安く抑えられます。具体的には以下3つのポイントです。

①在来浴室の場合部分取替えで施工できないか検討する
②ユニットバスのグレードを抑える
③オプションを厳選する

これらの点を踏まえて、リフォームの内容を決めると、費用を抑えつつ工事を行うことができますよ。

①在来浴室の場合部分取替えで施工できないか検討する

在来浴室の場合、部分取替えで対応できないか検討してみましょう。なぜなら、在来浴室から全体をリフォームすると、解体費や下地補修にかかる費用が高額になってしまうからです。

在来浴室であれば、例えば以下のような部分工事が可能です。

・浴槽のみの取り替え
・シャワーや水栓の取り替え
・壁のパネル施工

例えば、浴槽のみの取り替えなら20万円からで対応できます。これらの中で必要なもののみに、施工を絞ることで、費用を大幅に下げられますよ。

②ユニットバスのグレードを抑える

ユニットバスの費用を抑えるためにはグレードを検討することが大切です。ユニットバスはそのグレードによって価格が大きく変わります。

安価なものであれば、60万前後から施工できますが、高額なものの場合100万円を超える工事になることも珍しくありません。

グレードを上げる理由はなんなのか、価格に対してグレードの内容は見合っているのか、一度考えてみるとよいでしょう。

③オプションを厳選する

ユニットバス工事費用を抑えたい場合、オプションを厳選することも選択肢です。ユニットバスには、いくつかオプションをつけることができますが、つければつけるほど費用が高額になります。

オプションの例としては例えば以下のものが挙げられます。

・浴室乾燥機付き
・追い炊き機能
・浴室スピーカー
・手すり
・ジェットバス
・開き戸から引き戸への変更

オプションと一口に言ってもその内容は様々です。

高齢者の介護などが伴う場合手すりなどが欠かせませんが、中にはそれほど重要性が高くないものもあります。予算に余裕がないのであれば、オプションは本当に必要なもののみに厳選することが大切です。

浴室・お風呂のリフォーム工事前の注意点5個

浴室・お風呂の工事は失敗してしまう可能性もあります。

これらの注意点を守らなければ、工事後に「こんなはずじゃなかった……」なんてことにもなりかねません。

①在来浴室からユニットバスにすると浴室が狭くなる
②使わない設備は手間が増えてしまう
③浴槽を広くすると寒さを感じることがある
④施工業者選びで失敗し、トラブルが起きる可能性がある
⑤工事中はお風呂が使えない

これらの注意点を守ることで、失敗しない浴室リフォームができるようになりますよ。ではそれぞれの工事内容について具体的に見ていきましょう。

①在来浴室からユニットバスにすると浴室が狭くなる

在来浴室からユニットバスにする場合、浴室が狭くなる可能性があることに注意しましょう。在来浴室からユニットバスに切り替える場合、ユニットバスは在来浴室ほどスペースに自由が利きません。

また、浴槽の大きさに規格が決められており、どこまでの大きさが入るのかによって大きさが大きく変わります。

何れにせよ、在来浴室からユニットバスに切り替えるときには、以前と比べて浴室が狭くなってしまう点には注意しましょう。失敗したくない場合には、ショールームに足を運ぶのがおすすめです。ショールームでは実際の浴室の寸法が確認できます。あらかじめ、どのくらいの大きさになるのか確認しておけば、失敗する確率はぐっと少なくなりますよ。

②使わない設備は手間が増えてしまう

ユニットバスでは様々な設備をつけることができますが、使わない設備が出てしまうと、掃除やメンテナンスが手間になってしまいます。

特にミストサウナやジェットバスなどの設備はメンテナンスにも手間がかかってしまいます。そのような手間もあらかじめ考えておきましょう。設備についても、ショールームであらかじめ確認できますので、設備の使い勝手や掃除の仕方もこのときに確認してください。そうすれば、実際に使うときのイメージがわかり、失敗しにくくなりますよ。

③浴槽を広くすると寒さを感じることがある

「浴槽や浴室を広くしたい!」そう考える人も少なくありません。

確かに広い浴室は魅力的に見える部分もあるのは確かです。しかし、広くすると、寒さを感じやすくなるというデメリットがあります。

広くなればなるほど掃除にも手間がかかります。中には広すぎる浴室が帰って落ち着かないなんてことも。浴室を広くしたいと考えるのは良いですが、広すぎるとデメリットがあるということにも注意しておきましょう。

④施工業者選びで失敗し、トラブルが起きる可能性がある

浴室リフォームでは施工業者選びが重要です。「できるだけ安い施工業者にお願いしたい」そう考える人も当然多いかと思いますが、そのような発想だけで決めてしまうと、失敗してしまいやすいです。

特に在来浴室からユニットバスに変える場合などは、下地の補修などを適切に行う必要があり、適切に工事できないと、施工後のトラブルに発展してしまう可能性も。

そのような事態を回避するためにも施工業者選びは慎重に行いましょう。施工業者の中には、工事は下請けにおまかせでほとんど完治していないなんてことも。

具体的には以下のポイントを踏まえて選ぶのがおすすめです。

・相見積もりをとり、見積もり内容を精査する
・営業マンの説明はわかりやすいか確認する
・不自然な額の値引きには注意する

これらの点を踏まえて選ぶと、施工業者の違いがわかり、適切な業者を選びやすくなりますよ。

⑤工事中はお風呂が使えない

お風呂・浴室リフォームは3日〜1週間程度の期間かかり、その期間お風呂を使うことができません。そのため、工事中は、銭湯などを利用していく必要があります。

また工事が終わっても、工事内容によっては実際に使えるようになるまで時間が必要になるケースもあります。

このような場合には、あらかじめ施工業者から説明がありますので、よく確認しましょう。もし不安があるようなら、工事開始前に、施工業者にどのくらい工事がかかるのか、お風呂に入れないのはどのくらいの期間なのか、あらかじめ聞いておくと良いでしょう。

まとめ

今回は以下の点について解説しました。

・浴室リフォームの費用相場
・リフォーム費用が高くなりやすいケース
・リフォーム費用を安くするためのコツ
・浴室リフォームで工事前に気をつけるべき点

浴室リフォームは、現状のお風呂が何かによって最適な選択肢も変わります。これらの点を踏まえて自分の浴室の状態はどうなっているか、確認して工事内容を検討すると、失敗する確率はぐっと少なくなりますよ。

まずは浴室リフォームでどんな点を重視したいか、ポイントを整理することからはじめてみましょう。